心理学

【アンカリング効果とは?】ライティングに使える心理学を紹介

〜このブログについて〜

当ブログは、無料オンラインサロン(サロン生720名)を運営している男が「ライティングが学べる教科書」というコンセプトで運営しています

“心理学を学びたい生徒”
心理学を学びたい生徒

アンカリング効果っていう心理学があるんでしょ?一体、どんな心理学なの?

今回は、こういった質問に答えていきます

✔︎この記事の内容

  • アンカリング効果とは、どのような心理学なのかがわかる
  • アンカリング効果の使い方がわかる

今回は、人の判断基準に訴えかける心理学の「アンカリング効果」について紹介していきます

この心理学を使うことによって、不必要な値下げ交渉をされないようになるので、ライターやマーケッターには欠かせない心理学となっています

それでは、授業開始!



アンカリング効果とは?

アンカリング効果とは?

アンカリング効果最初に提示された物事の基準により、その後に提示される物事の良し悪しが決まる効果

アンカリング効果を用いて判断基準を与えてあげましょう

人間は、勧められたモノに対する情報が十分でない場合、そのモノの良し悪しを判断する"基準"を探し出します

そこで、こちらが判断する基準を与えてあげると、それを基準にそのモノの良し悪しを判断するのです

なので、アンカリング効果を使う場合、相手が勧めるモノに対して、どれだけの情報を持っているかを知る必要があります

もしも、相手が勧めるモノに対しての情報が十分である場合、アンカリング効果は発揮されにくいです

アンカリング効果を使った例

アンカリング効果を使った例
それでは、アンカリング効果を用いた例をご紹介していきます

商品の値引き

1万円の洋服
みなさんは上の画像のような服が洋服やさんに売られていたら「『高い』と感じますか?」それとも「『安い』と感じますか?」

おそらく「高い」と感じられる方が多いと思いますが、次の画像のようになっていたらどうでしょう?
値引きされた洋服
先ほどよりは「安い」と感じませんか?

これは「アンカリング効果」が働いて、最初に30,000円という値段を見たため、あなたの中での判断基準が30,000円に設定された結果、その後に見た10,000円が安く感じたのです

なので、商品の値段を提示するときは、少し高めの値段設定をあらかじめ設定しておくことで、本来売ろうとした値段で売りやすくなります

遅刻

「アンカリング効果」は日常生活でも使えます

たとえば「遅刻」です

ライティング初心者
ライティング初心者

遅刻??

仮に、あなたが寝坊をしてしまって、集合時間まで30分かかるとしましょう

そこで、集合場所で待っている友達に

ゆうき
ゆうき

ごめん!30分待って!

と、30分かけて集合場所に到着すると、友達は怒ってしまうかもしれません

しかし、「アンカリング効果」を用いて

ゆうき
ゆうき

ごめん45分待って!

と言いつつ、30分で集合場所へ着いたとしたら、友達は「意外と早かった」と感じます

これは、45分という数字をあらかじめ伝えることで、友達の中の基準が45分になったので、30分が早いと感じたのです

このように、日常生活にも「アンカリング効果」は使うことができます

ゆうき
ゆうき

遅刻しないことが1番だけどね!

まとめ

まとめ
今回は、判断基準に訴えかける「アンカリング効果」という心理学を紹介しました

「アンカリング効果」は、商品やサービスを好印象にする効果があるので、ぜひ活用してみてください!



-心理学

© 2021 ライティングの時間 Powered by AFFINGER5