心理学

【損失回避の法則とは?】人間は「得する喜び」より「損する恐怖」?!ライティングに使える心理学

【損失回避の法則とは?】人間は「得する喜び」より「損する恐怖」?!ライティングに使える心理学
当ブログについて

当ブログはサロン生750名のオンラインサロンを運営している僕が「ライティングの教科書」というコンセプトで運営しています

損失回避の法則ってなに?ライティングにどう活かせるの?

今回はこういった質問に答えていきます

✔︎この記事を読むと…

  • 損失回避の法則の概要がわかる
  • ギャンブルで大損する理由がわかる

今回は、人間の「損をしたくない」という感情にフォーカスした「損失回避の法則」という心理学についてご紹介していこうと思います

なぜ、人間はギャンブルで大損するのでしょうか?それには、この「損失回避の法則」が関わっているのかも?

それでは、授業開始!




損失回避の法則とは?

損失回避の法則とは?人間の、得をする喜びより、損をする恐怖の方が大きいという心理現象

「断捨離を決断したのに、なかなか捨てることができない」

そんな経験ってないですか?

それには、人間の"持っているものを手放したくない"という「損失回避の法則」が生じているんです!

喜びの大きさより、悲しみの大きさの方が大きい

人間は、「喜びの大きさ」よりも「悲しみの大きさ」の方が大きいです

1万円を手に入れる喜びの大きさ」よりも「1万円を手放す悲しみの大きさ」の方が"約2倍"もあるということがわかっています

【何かを手に入れる喜び<何かを手放す悲しみ】

ギャンブルで大損するわけ

ギャンブルで大損するわけは「損失回避の法則」にありました

調子良く、コツコツと勝ちが続いているときは、、、

もっと大きく勝ちたい!

と、思う人ってそこまで多くないです

むしろ、ギャンブルに精通している人ほど、勝っているときは慎重になります

一方で、負けが続いているときは

損をしている時間が耐えらえない!大金を賭けて早くこの時間から脱出しよう!

と、なって「大損」という結果になっちゃいます

損失回避の法則をライティングに活かす

損失回避の法則をライティングに活かす

「損失回避の法則」はアフィリエイトなどのコピーライティングに活かすことができます

メリットよりもデメリットを強調する

人間は、メリットよりもデメリットにより反応を示します

これは、文章でも同じことなので解説していきます

たとえば、、、

九州へ行くのに飛行機を使って欲しい場合

メリットを伝える:九州へ行くなら、飛行機を使う方が断然お得です

デメリットを伝える:新幹線で九州へ行くことは、損しているって知ってました?

この2つを比べると、後者の方が反応率は高いです

このように人間はメリットよりもデメリットに反応します

【"損"に訴えかける】損失回避の法則を使った例

【

それでは「損失回避の法則」を実際に使った例をご紹介します

基本的には、相手の"損"に訴えかけるように意識しましょう!

暮らし方の改善

相手に「暮らし方の改善」をして欲しい場合には「暮らし方を変えるメリット」よりも「暮らし方を変えないデメリット」を意識して伝えましょう!

BAD!:暮らし方を変えることで、お金が貯まります

GOOD!:今の暮らしを変えないと、お金は減っていく一方です

前者のようなメリットを伝えている文章を見ても、相手は

お金が貯まるならいつかやってみよ〜

このように「いつかやる」という気持ちになってしまい、結局はやりません

しかし、デメリットを伝える文章を見た相手は

えっ!お金減るの?!やばいじゃん!

と、危機感をすごく感じるようになり、たとえ行動力がそこまでない人でも、飛び上がって暮らし方を改善するでしょう

無料で体験させる

商品やサービスを一度、無料で体験させることにより、相手を「手放したくない!」という感情にさせることができます

無料で体験?

無料で体験させることで、商品の価値をわかってもらうことができ、購入してもらうことができるわけです

みなさんも、一度は無料体験の経験があると思いますが、それには「損失回避の法則」が応用されていたんですね!

期間限定

期間限定にも「損失回避の法則」は働いています

「この商品は、この瞬間にしか手に入らない」ということを伝えることで相手は

やばい!この瞬間を逃したらもう手に入らない!

こんな感じで相手に刺さり「損(逃す)をしたくない」といった気持ちになります

デメリットなし:新発売!この夏限定!スイカ味のシャーベット!

デメリットあり:新発売!スイカ味のシャーベット!この夏を逃すともう手に入りません!

まとめ:人間は「得」への喜びよりも「損」への恐怖

まとめ:人間は「得」への喜びよりも「損」への恐怖

今回紹介した通り、人間は「得への喜び」より「損への恐怖」の方が大きい傾向にあります

その心理を活かした心理学の「損失回避の法則」を使い、相手に商品の重要性を伝えましょう!

それでは、また次回お会いしましょう!




-心理学
-, ,

© 2021 ライティングの時間 Powered by AFFINGER5