ライティング 基礎ライティング

【少なくてもOK?】ブログ1記事の文字数って何文字がいいの?

【少なくてもOK?】ブログ1記事の文字数って何文字がいいの?

ライティング初心者「ブログ1記事の文字数ってどのくらいにしたらいいの?文字数が多すぎたり少なすぎたりすると、ブログに影響が出たりするの?」

今回はこういった質問に答えていきます。

この記事を読むと…?

  • ブログ1記事の文字数の目安がわかる
  • 記事内の文字数が極端だと、ブログにどのような影響が出るかがわかる
  • ブログの文字数がSEOに影響するのかがわかる

ブログを運営していて、必ず立ちはだかる壁の一つに何文字書けばいいの?というものがあります。

今回は、文字数に関する問題や疑問を詳しく解説していきます。

それでは、授業開始!




文字数がブログに与える影響はそれほど大きくない

文字数がブログに与える影響はそれほど大きくない

結論として、文字数がブログに与える影響はそれほど大きくないです。

それでは深掘りしていきます。

SEOで重要視されているのは文字数ではない

SEOで重要視されているのは"文字数"ではありません。

SEOとは?『検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)』のこと。自身、自社のサイトを検索結果の上位に表示させ、訪問者を増やすための施策。「SEO対策」などという。
じゃあGoogleは、何を重要視してるの?

Googleが重要視しているのは情報の網羅性です。


こちらの動画から少し引用します。

私のSEO代理店からは、記事を長く書けば書くほど、ユーザーのエンゲージメントが高くならないとGoogleからペナルティを受けると言われました。私はこのため、内部にリッチメディアがたくさんある長い記事を書くことを恐れています。

(省略)

ですから、私は記事の長さを重視するのではなく、実際にユーザーにとって有益で説得力のあるものを提供しているかどうかを確認することに重点を置いています。そして、短い記事でも良いということもあります。

English Google Webmaster Central office-hours hangout

Google社のジョン・ミューラー氏も文字数よりも記事の有益さを重視していると語っています。

上位表示の記事の文字数が多いのはなぜ?

じゃあ、上位記事ほど文字数が多いのはなんでなの?
網羅性を意識して情報量が多くなると、自然と文字数が増えていくからだよ!
ゆうき
なるほど!優先的に意識すべきは「『文字数』ではない」ってことだね!

いざ検索してみると、上位の記事ほど文字数が多いので、

文字数(多)➡︎検索上位

と勘違いしがちですが、
実際は

文字数(多)➡︎情報の網羅性(高)➡︎検索上位

となるわけです。

検索上位の記事ほど文字数が多い理由

ブログ執筆は文字数を目標にしない

ブログ執筆は文字数を目標にしない

ブログの執筆は"文字数を多くする"を最優先事項にしないことが大切。

「文字数を多くする」を最優先事項にしてしまうと、このようなデメリットの原因になります。

  • 情報の質が低くなる
  • 余計な情報まで加えてしまう

上記のようなデメリットを未然に防ぐためにも、「文字数を多くする」を最優先事項にするのは避けましょう。

文字数を目標にすると失敗します

文字数を目標にすると失敗します。
理由はこちら。

文字数を目標にすると失敗する理由

  • 初心者は『大量の文字を書く』という行為がハードルが高い
  • 情報の質が低くなってしまう
  • 他の要素がおろそかになってしまう

上記はブログ初心者にありがちなことです。

日本人は『がんばった』を美徳とするので、文字を多く書けば書くほど『良い記事』だと判断してしまいます。

ですが、いくら頑張って(文字数を多く書いて)も、内容がいまいちだったら、それは『良い記事』とは言えません。

"文字数"よりも"記事の内容"を意識した執筆を心がけましょう。

検索上位の記事の中にも文字数が少ないものも存在する

ここまでのことをふまえて言うけど、検索上位でも文字数が少ない記事があるってこと?
その通り!検索上位の記事の中にも、文字数が少ないものは存在するよ!
ゆうき

検索上位でも文字数が少ない記事が存在する理由は、
Googleが、"文字数"で記事の優劣を判断していないからです。

どれだけ文字数が少なくても、他の記事よりも情報の網羅性が高ければ上位に表示される確率が高くなります。

逆に、どれだけ文字数が多くても、情報に網羅性が低ければ上位に表示される確率は低くなります。

ブログの文字数が多くなってしまうときの対処法

ブログの文字数が多くなってしまうときの対処法

ブログの文字数が多くなってしまうときの対処法をご紹介します。

  • 対処法1:重複している情報を削る
  • 対処法2:余計な情報を削る
  • 対処法3:『次のページへをなくす』

1つずつ解説します。

対処法1:重複している情報を削る

重複している情報を削りましょう。

どうして重複している情報を削った方がいいの?

重複した情報を削った方がいい理由

  • Googleからの評価が低くなる
  • 読者の不満につながる
  • 変な文章になる

実際に情報が重複している例を見てみましょう。

情報が重複している例

文章が読みやすくなるため、ブログ記事は、適度に改行した方が良い。理由は、読者が文章を読みやすくなるから。

重複した情報を削った例

文章が読みやすくなるため、ブログ記事は、適度に改行した方が良い。

重複した情報を削った方が、文字数も抑えることができるうえに、さっぱりとした記事にすることができます。

対処法2:余計な情報を削る

余計な情報は削ったほうが良いでしょう。
SEO的にも悪影響です。

余計な情報とは?

  • キーワードとは関係のない情報
  • 記事の内容とは関係のない広告
  • 筆者の情報

お金を稼ぎたいあまり、記事のテーマやキーワードとは関係のない広告やアフィリエイトリンクを貼り付けがちです。

しかし、それでは逆効果。

広告やアフィリエイトリンクは適切な場所に貼ることで効果を発揮し、文字数や記事のボリュームも抑えることができます。

対処法3:『次のページへ』をなくす

記事の下にある『次のページへ』はなくしましょう。

一見、便利そうに見える『次のページへ』は、実はサイトの利便性に欠け、読者の離脱につながります。

『次のページへ』って、記事がまとまって便利そうだけどなぁ…どうして読者の離脱につながるの?

読者の離脱につながる理由

  • クリックが面倒
  • 次のページの読み込みがタイムロス
  • 『次のページへ』のボタンの見逃し

みなさんも記事を読んでいて『次のページへ』のボタンが出てきたら

「クリックするの面倒だなぁ…」
「このボタン邪魔だな…」
「一気に読みたいのに…」

と、なんとなく"不便さ"を感じませんか?

確かに感じるかも…

『次のページへ』は、自分の記事にデメリットしかないため、削除した方が良いと言えるでしょう。

ブログの文字数が少なくなってしまうときの対処法

ブログの文字数が少なくなってしまうときの対処法

ブログの文字数が少なくなってしまうときの対処法をご紹介します。

  • 対処法1:検索上位5つの記事とくらべる
  • 対処法2:画像やデータを使用する
  • 対処法3:難しい専門用語などの説明を加える

1つずつ解説します。

対処法1:検索上位5つの記事とくらべる

自分の記事を検索上位5つの記事と比べてみましょう。

上位の記事と見比べるの?どうして?
足りない情報を確認できるからだよ!
ゆうき

自分では『完璧な記事を書けた!』と思っていても、意外と大事な情報が抜けていたりします。

抜けた情報を加えることで、記事のボリュームアップもできるね!

対処法2:画像やデータを使用する

画像やデータを使用しましょう。

記事のボリュームを増やすことができるだけでなく、「情報のわかりやすさ」「情報の詳しさ」も加わるといったメリットもあります。

対処法3:専門用語や難しい単語の説明文を加える

"専門用語"や"難しい単語"の説明文を加えましょう。

文字数を増やすのに加え、「わかりやすい記事になる」というメリットもあります。

文字数はだれもがぶつかる壁【気にしなくてOK】

文字数はだれもがぶつかる壁【気にしなくてOK】

ブログを運営していると、文字数に関する悩みは必ず現れます。
解決策は『気にしない』です。

徐々に最適な文字数を探していこう

いきなり、記事に最適な文字数を探すことはできません。

徐々に、ブログ記事のキーワードごとの文字数を探っていきましょう。

というわけで今回は以上です。

また次の授業でお会いしましょう!

-ライティング, 基礎ライティング
-

© 2021 ライティングの時間 Powered by AFFINGER5