SNSライティング ライティング

【シェアされる】ツイッターで文章を書くときの4つのコツ

【シェアされる】ツイッターで文章を書くときの4つのコツ
当ブログについて

当ブログはサロン生750名のオンラインサロンを運営している僕が「ライティングの教科書」というコンセプトで運営しています

ツイッターで文章を書くときのコツみたいなものってなにかないの〜?教えてよ〜

今回はこういった質問に答えていきます

✔︎この記事を読むと…

  • ツイッターで文章を書くときのコツがわかる

みなさん「ツイッター」は使われますでしょうか?

やはり、ツイッターは多い利用者数をほこるSNSなので、どうせ情報発信をするなら"魅力的な発信"をしたいですよね?

そこで今回は、『ツイッターで文章を書くときのコツ』をご紹介していこうと思います。

それでは、授業開始!




ツイッターで文章を書くときのコツを学んだらどうなるの?

ツイッターで文章を書くときのコツを学んだらどうなるの?

まずは、本記事を読んで"ツイッターで文章を書くときのコツ"を学ぶとどうなるのかを説明します。

ツイッターで文章を書くときのコツを学ぶと…

  • シェアされる
  • フォロワーが増える
  • ファンができる

それでは、1つずつ説明していきます。

シェア(リツイート)される

良い文章を書くと、シェア(リツイート)されます。

シェア(リツイート)されると、たくさんの人に自分の発信が見てもらえるのはもちろんのことだし、多くの人にシェアされるというのは"楽しい"ものですよ!

しかも、リツイートの多いツイートは”権威性”が生まれ、ツイートに信頼性が現れます。

ゆうき
とにかく、リツイートの多い投稿は説得力があるということだね!

ツイッターのみならず、SNSをしっかり運用している人ほど、”権威性”を重要視するので、良い文章を書くことを心がけましょう!

フォロワーが増える

良い文章を発信しシェアされると、自然とフォロワーが増えていきます。

ご存知の通り、シェア(リツイート)機能は自分をフォローしていない人のもとにも発信が届くので、それだけフォローされる確率も高まります。

フォロワーが増えて反応が増えたり、ブログを見てもらえたりしたら楽しいですよね!

ファンができる

拡散されて、フォロワーが増えると、次は"ファン"できます。

ファンができると、”あなたから発信される情報”を目当てにする人が増えるので"指名検索"が増えるようになるんです。

指名検索?

指名検索とは、検索欄に直接”名前”を打ち込んで検索することで、”指名検索”が増えるとseoで上位が取れたり、認知がさらに広がります。

なので、ブロガーやアフィリエイターの中には”指名検索”を獲得するためにSNSを運用している人も少なくはないです。

【割とすぐできる】ツイッターで文章を書くときのコツは4つあります

【割とすぐできる】ツイッターで文章を書くときのコツは4つあります

それでは、ツイッターで文章を書くときのコツを説明していこうと思います。

今回紹介するのは、以下の4つです。

ツイッターで文章を書くときのコツ

  1. 1つのツイートに伝えたいことは1つだけ
  2. 1行目に「結論・伝えたいこと」を書く
  3. 興味を引かせる単語を入れる
  4. 【目立たせる】絵文字などの装飾を使う

1つずつ説明していきます。

1つのツイートに伝えたいことは1つだけ

1つのツイートに伝えたいことは"1つ"にしましょう。

ツイッターでは、1つのツイートに"140文字"しか入力することができません。

なので、2つも3つも書きたいことを書いていると、すぐに140文字を超えてしまいます。

ゆうき
140文字って意外と少ないよ!

ツイートの"回数"には制限がないので、伝えたいことが複数ある場合、ツイートを分ければいいだけのことなので、1つのツイートに伝えたいことは1つにしましょう。

1行目に「結論・伝えたいこと」を書く

ツイートの1行目に「結論・伝えたいこと」を書きましょう。

そのツイートが、どういった内容の発信なのかを明確にするためです。

1行目に「結論・伝えたいこと」が明記されているツイートは、わりと目に入りやすいので、フォロワーからの反応が比較的に良くなる傾向にあります。

興味を引かせる単語を入れる

興味を引かせる単語を入れて、周りのツイートと差別化しましょう。

興味を引かせる単語って??

興味を引かせる単語

  • そうだったのか!!
  • 読まないで!
  • ここだけの話…
  • 誰も知らない

こういった単語を使用すると、フォロワーの興味を引くことができ、周りのツイートと差別化することができます。

ここだけの話…ブログのアクセス数を伸ばすには「seo」が重要です。・・・

【目立たせる】絵文字などの装飾を使う

文章を絵文字などで装飾して”目立たせる工夫”をしましょう。

絵文字を使わなかったり、少しの装飾もされていない文章は、人の目に止まりにくいので、スルーされがちです。

ならば、「ん?なんだ?」と思わせるような、文章をしないと”読んでくれさえしない”というわけなんですね。

ゆうき
フォロワーに気づいてもらえるように文章を絵文字で装飾して、アピールするんだね!

しかも、絵文字は”ブランディング”になります。

僕が尊敬しているブロガーのマナブさん(マナブログ)は、ツイッターでよく「😌」この絵文字を使われています。

本人は意識されているのかはわかりませんが、マナブさんのツイートのリプライ(コメント)には、「😌」この絵文字を使われている方がたくさんいます。

ようするに、「😌」この絵文字を見たらマナブさんが想像されるという状況を作り出せているので【 マナブさん=😌 】というブランディングが確立しているんだなと思います。

ツイッターは、うまく文章を書けた方が得します

【結論】ツイッターは、うまく文章を書けた方が得します

やはり、ツイッターはうまく文章を書けた方が得をします。

今回紹介した4つのコツは、すぐにでも実践できるので、ツイッターをしっかりと運用していきたい方はぜひ参考にしてみてください!

それでは、また次回お会いしましょう!




-SNSライティング, ライティング
-, ,

© 2021 ライティングの時間 Powered by AFFINGER5