心理学

売れるライティングが書ける心理学【まとめ】

売れるライティングが書ける心理学【まとめ】
当ブログについて

当ブログはサロン生750名のオンラインサロンを運営している僕が「ライティングの教科書」というコンセプトで運営しています

売れるライティングに使える心理学を教えてよ〜

今回はこういった質問に答えていきます

✔︎この記事を読むと…

  • ライティングに使える心理学がわかる

ライティングに使える心理学についてまとめました




目次

売れるライティングに使える心理学

売れるライティングに使える心理学

ライティングに使える心理学は3つのパターンに分けられます

ライティングに使える心理学3パターン

  • 商品に作用する心理学
  • 相手に作用する心理学
  • 商品と相手に作用する心理学

全てを学ぶと頭がパンクしちゃうので、自分が使えそうな心理学だけをピックアップしながら学んでください!

商品に作用する心理学

商品に作用する心理学

商品をよく見せたり、お得に見せたりする心理学です

シャルパンティエ効果

シャルパンティエ効果を簡単に説明すると「"錯覚"を使って商品をよく見せましょうよ」っていう心理学です

たとえば、、、

商品A:10,000円

商品B:9,800円

この2つを比べたときに、値段が200円しか変わらないのにも関わらず、商品Bの方がお得に感じてしまいますよね

名前は少し難しいですが、意外と日常に潜んでいるんですね!

詳しくはこちら
【1kgの雲と1kgの鉛どっちが重い?】ライティングに使える、錯覚を利用した心理学【シャルパンティエ効果】

続きを見る

ストーリーマーケティング

商品にストーリーがあるとその商品が魅力的に感じる心理学

甘くて美味しいりんごA

青森のリンゴ農家さんが汗水垂らして育てたりんごB

この2つを比べたときに、より魅力的に見えるのはりんごBではないでしょうか?

人間は、その商品が作られた"過程"に魅力を感じます

両面提示の法則

商品の"両面"を見せると、相手の信用度が増すという心理学

両面ってなに?

両面というのは「長所」と「短所」のことです

「長所」しか見せない商品はどこか怪しく感じ、「短所」しか見せない商品はそもそも誰も買いません

なので、「長所」と「短所」を見せてあげることによって相手からの信頼を得ていきましょう!

詳しくはこちら
【両面提示の法則】初対面の相手に有効!あえて短所を見せるメリットとは?

続きを見る

フレーミング効果

言い方によって、言葉の捉え方が違ってくる心理学

80%の確率ではずれる"くじA"

20%の確率で当たる"くじB"

この2つのくじがあったら、確率は同じなのになんとなく"くじB"を引きたくなりませんか?

これが、フレーミング効果です

アンカリング効果

最初に提示されたものを基準に、後に提示されたものを評価する心理学

たとえば、、、

1億円の車が値下げされていて100万円になっていたら「お得」だと思ってしまいませんか?

「お得だ」と感じたらそれは「アンカリング効果」が発揮されてる証拠です

ハロー効果

目立った特徴に引っ張られて、その他の要素が評価される効果

これは、良い方向にも悪い方向にも作用します

清潔な見た目→仕事ができそう、料理ができそう

不潔な見た目→グータラしてそう、性格が悪そう

詳しくはこちら
【ハロー効果とは?】他人からの評価を良くするための心理学

続きを見る

松竹梅理論

人間は、3つの選択肢があるときに、真ん中を選びやすいという心理学

Aコース:12,000円

Bコース:8,000円

Cコース:5,000円

この3つの選択肢がある場合、無難なBコースを選んでしまいます

相手に作用する心理学

相手に作用する心理学

相手の感情や行動を促す心理学を紹介します

一貫性の原理

人間は一貫した行動を起こしやすいといった心理学

週刊少年ジャンプを毎週買ってしまう

音楽は最後まで聞かないとなんとなく気持ち悪い

このようなことが起きるのは「一貫性の法則」が働いている証拠です

カリギュラ効果

人間は、禁止されると余計にやりたくなるという心理学

これをライティングに取り入れると、、、

この続きは絶対に見ないでください

絶対にクリックしないでください

このように応用できます

損失回避の法則

人間は「手にいれることの喜び」より「失うことへの恐怖」の方に敏感です

貯金をするとお金が増えます

貯金をしないとお金が減ります

この2つでは、後者の方により反応が集まります

それは、後者の方が"失う"ということをアピールしているからですね

詳しくはこちら
【損失回避の法則とは?】人間は「得する喜び」より「損する恐怖」?!ライティングに使える心理学

続きを見る

ツァイガルニク効果

人間は完成、達成したことよりも、未完成、未達成の事の方がより記憶に残るという心理学

漫画や連続ドラマの続きが気になるのは、ツァイガルニク効果のせいなんです

詳しくはこちら
【ツァイガルニク効果とは?】人間は完成した出来事より〇〇を気になってしまう?!ライティングに使える心理学

続きを見る

カクテルパーティー効果

パーティーのような騒がしい場所でも、自分の名前や興味のあることはしっかりと聞き分けることができる心理学

これをライティングに応用すると、、、

BAD!:みなさんに朗報です

GOOD!:東京に住んでいる20代の男性に朗報です

「みなさん」とするより「東京に住んでいる20代の男性」とすることで、より反応が取れるようになります

多くの人に反応してもらうとすると逆効果なんです

詳しくはこちら
【カクテルパーティー効果とは?】ターゲットを絞れば反応率は上がる?!ライティングに使える心理学

続きを見る

スノッブ効果

「他人とは違う商品が欲しい」と思う心理学

人間は、誰にでも手に入るような商品よりも「特別」や「限定」といった、希少価値の高い商品を欲しがります

詳しくはこちら
【スノッブ効果とは?】人間は他人と同じがイヤ?!ライティングに使える心理学

続きを見る

バーナム効果

誰にでも当てはまるようなことが、まるで自分にしか当てはまっているかのように捉えるという心理学

占い師が「最近話した恒例の女性を大切にしましょう」という占いの結果を出したとします

占われた人は「確かに、最近恒例の女性と話した!」とあたかも占いが当たったかのように感じるでしょう

しかし、冷静に考えると、恒例の女性と話すことなんて誰にでもありますよね?

これが「バーナム効果」です

詳しくはこちら
【バーナム効果とは?】どうして占いは当たるのか?ライティングに使える心理学

続きを見る

商品と相手の両方に作用する心理学

商品と相手の両方に作用する心理学

商品と相手に作用する心理学を紹介していきます

社会的証明の原理

周りの意見に流されて意思決定をすること

たとえば、、、

AとBの選択肢があり、クラスのみんながAを選んでいるから自分もAを選ぶ

これが「社会的証明の原理」です

滑り台効果

文章を滑り台のようにすらすらと読んでしまう効果

文章を読んでいたら、ついつい夢中になり、いつのまにか最後まで読んでいたことってないでしょうか?

それは、「滑り台効果」が発揮されているということなんです

権威性

人間は権威性のあるものを信じます

たとえば、、、

一般人「この映画Aはオススメだよ!」

本田翼さん「この映画Bはオススメだよ!」

と、それぞれが映画をオススメしたとき、どちらの映画の方が観られるでしょうか?

おそらく「映画B」です

本田翼さんの方が権威があるため、このような結果になります

ウィンザー効果

販売者の意見より、第三者の意見の方を信じるという心理学

お客さんは、商品の説明を聞くより、口コミやレビューを信用します

商品に対する意見を伝えてあげると、商品への信頼度が高まります

【まとめ】無理してすべて使う必要はない

【まとめ】無理してすべて使う必要はない

今回紹介した心理学をすべて使う必要はまったくないです

自分の使いやすいと思ったもの、「なるほどなぁ」と納得したものを積極的に使っていきましょう!

それでは、また次回お会いしましょう!




-心理学
-, ,

© 2021 ライティングの時間 Powered by AFFINGER5