心理学

【ツァイガルニク効果とは?】人間は完成した出来事より〇〇を気になってしまう?!ライティングに使える心理学

【ツァイガルニク効果とは?】人間は完成した出来事より〇〇を気になってしまう?!ライティングに使える心理学
当ブログについて

当ブログはサロン生750名のオンラインサロンを運営している僕が「ライティングの教科書」というコンセプトで運営しています

ツァイガルニク効果ってどんな心理学なの?ライティングにどう活かせるの?

今回はこういった質問に答えていきます

✔︎この記事を読むと…

  • ツァイガルニク効果の概要がわかる
  • 仕事や勉強の効率を上げる方法がわかる

今回は、人間の「続きが気になる」という心理にフォーカスした「ツァイガルニク効果」という心理学を紹介していこうと思います

この心理学を使えば、仕事や勉強が今までの"数倍"ははかどるようになるかも…

それでは、授業開始!




ツァイガルニク効果とは?

ツァイガルニク効果とは?

ツァイガルニク効果とは?人間は、完成した出来事よりも未完成の出来事の方が記憶や印象に残りやすいといった心理現象

ドラマやアニメの続きが気になるわけ

ドラマやアニメの続きが気になるわけは「ツァイガルニク効果」にありました

ドラマやアニメを1話ごとに問題をキリよく完結させないのには理由があって、あえて問題を中途半端に終わらせることで続きを話を気になってもらうようにしているんです

仮に、その話で問題が完結しても、また新たな問題が発生する物語が多いですよね?

こういったアニメやドラマにも「ツァイガルニク効果」は利用されています

ツァイガルニク効果をライティングに活かそう!

ツァイガルニク効果をライティングに活かそう!

「ツァイガルニク効果」はライティングにも利用することができるんです

今回は、2つ紹介していきます

タイトルの伏字

ブログや書籍のタイトルの一部を伏字にすることで「その内容がどんなものなのか」という興味を引かせることができます

「1ヶ月で10kg痩せた方法は運動にあった!」

「1ヶ月で10kg痩せた方法は〇〇にあった!」

上記のようにタイトルの一部を伏字にすることで、相手に内容を気になってもらうことができます

たしかに、伏字にした方が内容が気になるかも…

コンテンツのシリーズ化

コンテンツを1つで完結させず、シリーズ化にすることで、読者の興味を引きつけることができます

この方法を使うときは、最後の一文を意識しましょう

「続きはまた明日!」

「次回は、今回よりもおもしろい内容をお届けします」

このように「今回の内容では完結していなくて、続きがある」ということを伝えると効果的です!

ツァイガルニク効果を使った例

ツァイガルニク効果を使った例

それでは「ツァイガルニク効果」を使った例を紹介していこうと思います

ドラマやアニメ

冒頭でもあげましたが、ドラマや映画にも「ツァイガルニク効果」は使われています

「映画」や「1話完結のドラマ」の内容って、「連続ドラマ」や「アニメ」の内容に比べて、そこまで記憶に残っていないんですよね

これは「ツァイガルニク効果」が生じてこのような結果になっているんです

恋愛

恋愛にも「ツァイガルニク効果」は生じます

以下の2組のカップルのデートプランをご覧ください

カップルA:1回のデートを、1日中遊びまわり満足するまで行う

カップルB:1回のデートを1〜2時間と短い時間制限を設けて行う

この2組のカップルを比べた時に、関係が長続きしやすいのは"カップルB"です

カップルAの方が長続きしそうだけどなぁ…

これにはわけがあって、、、

カップルAの場合:デートを満足するまで行うため、お互いのことを知り尽くしてしまい、会っていない時間は比較的お互いのことが気にならない

カップルBの場合:デートを1〜2時間と短い時間で行うため、お互いのことを知り尽くす前にデートが終わるので、会っていない時間にお互いのことが気になってしまう

以上の理由で、カップルBの方が長続きする傾向にあるというわけなんです

ゆうき
だれも愛には勝てないよね〜〜

無料版から有料版への移行

よく、スマートフォンアプリで「続きを見るには有料版へ」のような文言を見ませんか?

ゆうき
あるある!あれ、もどかしいんだよね!

こう思っている人は、アプリ運営会社の術中にハマっていますよ!

あえて途中までを無料で使わせることにより、有料版への好奇心を高め、流入率をアップさせているというわけなんです

【必見!】ツァイガルニク効果を使えば仕事や勉強の効率がアップします

【必見!】ツァイガルニク効果を使えば仕事や勉強の効率がアップします

「ツァイガルニク効果」はマーケティングやライティングだけではなく「効率アップ」にも役立ちます

ぶっちゃけ、今回の記事で声を大にして言いたいのがこの部分なので、目を通しておいて損はないです

【オススメ】ポモドーロテクニック

集中力が続かなくて悩んでいる人にオススメの時間管理テクニックに「ポモドーロテクニック」というものがあります

ポモドーロテクニックのやり方

  1. 集中作業(25分)
  2. 休憩(5分)
  3. 集中作業(25分)
  4. 休憩(5分)
  5. 集中作業(25分)
  6. 休憩(5分)
  7. 集中作業(25分)
  8. 休憩(15分)

このように、「作業」と「休憩」を4回づつ行いましょう!これを1セットとして、セット間の休憩は長めとります(セット数は自由です)

(作業時間を25分に設定する理由は、人間の集中力がだいたい25分〜30分だからです)

ポモドーロテクニックが仕事効率をアップさせるわけ

「ポモドーロテクニック」がどうして、そこまで仕事の効率をアップさせるのでしょうか?

 ポモドーロテクニックが仕事効率をアップさせるわけ

作業時間を設定し、25分が終わったら強制的に休憩しなければいけないので、行っている作業が中途半端で終わります

人間は、0から新しく仕事を始めるよりも、中途半端に残された仕事の方が始めやすい傾向にあるので、仕事の効率が格段にアップするというわけなんです

ゆうき
もちろん、勉強やスポーツにも使えるよ!

まとめ:人間は未完成の出来事の方が記憶に残りやすかったり、興味が湧く

まとめ:人間は未完成の出来事の方が記憶に残りやすかったり、興味が湧く

人間は、未完成の出来事の方が記憶に残りやすいです

みなさんも、今回紹介した「ツァイガルニク効果」をライティングに活かしてみてください!

それでは、また次回お会いしましょう!




-心理学
-, ,

© 2021 ライティングの時間 Powered by AFFINGER5